メニュー

喘鳴について

空気の通り道である気道が慢性的な炎症で狭くなり、さまざまな刺激をきっかけとして、のどがヒューヒュー、ゼーゼーと音がしたり、咳や痰がでて呼吸が苦しくなる病気です。ヒューヒュー、ゼーゼーを喘鳴(ぜんめい)と呼びます。
症状は自然に回復することもありますが、治療により比較的速やかに回復します。治療や予防を怠ると症状が繰り返します。年に数回、軽い喘鳴を起こすだけの場合でも気道には慢性的に炎症があるため、喘息の兆しが見られる段階から、少しでも早く治療を行うことが大切です。中止の指示があるまでは勝手にやめないことが重要です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME