メニュー

新型コロナウィルス感染症に対する取り組みについて

[2020.09.13]

ここ春日部市でも、新型コロナウィルス感染者が200名を越えました。勢いはまだまだ続きそうです。当クリニックで現在行っている新型コロナウィルス対策は以下の通りです。

  1. 「web予約+web問診」による新型コロナ疑いの患者様の事前把握 web問診で新型コロナウィルスに感染している疑いの患者様には、事前にお電話を差し上げて対応いたします。基本的には院外(自家用車)で診察を行います。
  2. 窓口での患者さんの検温実施 受付で非接触式の体温計で検温しています。
  3. 医療スタッフの感染対策の徹底 感染予防のため、手洗い・うがいはもちろんのことフェイスシールド(防護メガネ)・アルコール消毒・マスク・長袖の衣類(アームカバー)の着用を徹底しています。また、スタッフの体温測定も毎日実施しております。さらに飛沫感染の予防として、医療スタッフと患者様の会話を必要最小限とさせていただいております。このためweb問診も患者様に直接お願いしています。ご理解とご協力をお願いいたします。
  4. 受付窓口にアクリル板を設置 飛沫感染を防ぐために透明なアクリル板で待合室と受付窓口の間を仕切りました。
  5. ドアノブや取っ手、手すり、イスを消毒液で除菌 清掃の際、待合室はもちろんのこと不特定多数の方が多く触れるドアノブや取っ手、手すりを特に重点的に消毒液で除菌しています。
  6. 待合室の座席の間を空ける 社会的距離(ソーシャルディスタンス)が確保できるよう、1人分を空けて座れるように調整しました。
  7. 定期的な室内の換気 待合室は約2時間おき/その他の場所は1日4回窓を開け、空気の入れ換えをしています。
  8. 次亜塩素酸によるクリニック内の除菌・脱臭 待合室・診察室・処置室の3カ所に、パナソニック製空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を設置しています。揮発した次亜塩素酸を空間に放出するので、お部屋に付着した菌やウイルスにも効果を発揮します。この3台でクリニック内の空間はほぼカバーできます。
  9. 大型空気清浄機による換気 ブルーエアの75畳用の空気清浄機を待合室と診察室に設置しています。ホコリ/花粉/ペットのダニ/カビ/粒子/ダニ/バクテリア/VOC/タバコ煙/化学物質/調理臭/糞便臭/ペット臭/タバコ臭の除去・抑制が可能です。
  10. 待合室内雑誌・漫画の閲覧中止 印刷物からの感染を防ぐため、待合室に置いてある雑誌・漫画を当面の間閲覧中止にいたします。医療に必要なパンフレット・配付物のみ置いてありますので、お手に取ったら元に戻さずお持ち帰りください。
  11. 電話診療の実施 状態の安定した慢性疾患の再診患者様を主な対象として、電話診療を行っております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME