メニュー

新型コロナウイルス感染症について

[2020.02.07]

先月より話題になっている新型コロナウイルス感染症ですが、中国以外では日本を含めた27の国と地域で合わせて275人の感染者が報告されています(2020年2月7日現在)。現在までのニュースをもとにすると、感染力はインフルエンザと同じくらいのようですが、変異によって変わる可能性があります。

潜伏期間は平均で5日間、最長で10日~2週間です。これはインフルエンザと比べて長いです。また感染しても必ず全員が肺炎になるわけではなく、軽い症状で済む人も多いです。高齢者や持病のある方など、免疫力が低下している場合は要注意といえます。

対策としては、インフルエンザと同様に「手洗い」「マスクの着用」を心がけてください。あとは免疫力を低下させないよう、睡眠時間を確保しバランスの良い食事を心がけましょう。また部屋の湿度を高くして(60%前後)ノドを乾燥から守るようにしましょう。

※ 当クリニックでは、対策として2019年夏より待合室・診察室・処置室の3か所に空間除菌脱臭機を設置しています。次亜塩素酸を空気中に放出することで、付着した菌やウイルスに効果を発揮いたします。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME