メニュー

web予約と直接窓口受付の違いとは?

[2020.02.14]

今日も暖かい一日でした。ここ春日部では朝からもやがひどく、運転されている方はハンドルを握る手が緊張していたのではないでしょうか。

今日ある患者様より「web予約して来院したが、自分より後から窓口受付した方の順番が先になってしまい、診察も先に呼ばれた。これではweb予約の意味がないのでは。」とのご指摘がありました。実はweb予約して来院した患者様と直接来院した患者様は、別々の受付枠で管理しています(例.web予約は2番、4番・・・/直接窓口受付は1番、3番・・・)。これはどちらの方法で受付しても、“極端な有利・不利”がないようにするためです。皆様の来院状況を見ながら定期的に“受付枠の調整”は行っておりますが、なかなか難しい面があります。

そこで今回は「web予約後の来院」と「直接窓口受付」の違いをご理解いただき、どちらが自分にとって都合が良いのかを考える一助となればと思います。

①web予約後に来院

一番わかりやすいのが、銀行の窓口で順番待ちの用紙を引き自分の番号が呼ばれるのを待つ感じでしょうか。銀行の場合、窓口まで行って番号を取る必要があり、結局は自分の番が来るまで窓口付近で過ごす方がほとんどかと思います。クリニックの順番予約では、患者様はインターネットを通して順番を取ることができます。あらかじめ番号をとっておくことで、順番が近づくまでは自由に家や外で時間を過ごすことができ、自分の番が近づいたらクリニックの窓口へ向かえばいいということになります。これを利用すれば診察順が必ずしも早くなるわけではありません。ちなみに現在の診療順を確認するにはパソコンやスマートホンでできます。またご自身の順番が近づいたらメールでお知らせする機能もございます。

  • メリット・・・診察前の時間を有効に使うことができる+あらかじめ問診まで自宅でできる(小さいお子様がいる場合は便利)
  • 注意点・・・来院したタイミングによっては「直接窓口で受付」した患者様より“見かけ上”後の診察になる(番号順に診察が原則)

②直接窓口で受付

インターネット(パソコンやスマートホン)がない環境や、あっても操作が苦手な患者様は、直接窓口に来ていただいて診療受付を行うことができます。この場合自分の診察順は、実際に来院してみないとわからないことになります。受付開始時刻を見計らって、その前に来て待っていることで早めの順番を取ることも可能ですが、同様の方が何人待っているかによって変わってきます。

  • メリット・・・パソコンやスマートホンがなくても来院するだけで受付できる
  • 注意点・・・来院したタイミングによっては「web予約後に来院」した患者様より“見かけ上”後の診察になる(番号順に診察が原則)+来てから問診を行うので診察に入るまでに時間が必要

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME