メニュー

尿路感染

腎臓から尿道までの尿路内に細菌が入り炎症を起こす感染症のことで、尿路の感染部位によって膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎に分けられます。

膀胱炎

ほとんどが尿道から大腸菌をはじめとする細菌が入り込んで膀胱に炎症を起こす病気です。
女性は男性に比べて尿道が短いため、菌が膀胱まで入りやすく女性に多い病気で一度なると再発することも多いです。

腎盂腎炎

尿路感染症で一番症状が強く、時には敗血症の原因となるのが急性腎盂腎炎です。主に大腸からの細菌が尿道口から侵入し、膀胱から腎盂にまで上行して炎症を引き起こす細菌感染症です。

尿道炎

男性に多い尿道の細菌感染ですが、まれに女性も罹患します。男性の急性尿道炎の原因は、ほとんどが性感染症(STD)と考えられています。感染は、性行為の際に菌が尿道に入って感染します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME