メニュー

慢性心不全

生活習慣病から高血圧をはじめとする循環器疾患、心不全まで。ひとりひとりに合わせて、総合的に管理します。また、心不全治療に関しては、従来の心不全治療に加え、さまざまな付加的治療・ケアを提供します。慢性心不全は、「慢性心不全は様々な原因による心筋の障害により、心臓のポンプ機能が低下し、末梢臓器への有効な血流に障害をきたし、日常生活に支障を及ぼす様態」と定義されます。
心不全は、すべての心疾患の行く末であり、致死性不整脈もふくめた突然死のリスクもあり、適切な治療を行わないと、その生命予後は悪いことが言われています。
病状の進行に伴い、労作時息切れや四肢の浮腫などの症状が出現し、日常生活が障害されます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME