メニュー

疲労症候群

疲労症候群は多くの人々、特に若年者を苦しめている重要な健康問題です。ストレス過多の現代社会で徐々に患者数が増加してきています。疲労症候群は、疲れの原因がはっきりしている慢性疲労と区別されます。原因不明の激しい疲労感が6カ月以上にわたって持続または繰り返し起こり、休息や睡眠をとっても十分な回復が得られない時、「慢性疲労症候群」という病気が疑われます。疲労のため、職場や学校へ行っても、ぼーっとして何もできなかったり(集中力低下)、さっき言われた事をすぐ忘れてしまったりします(短期記憶障害)。家に帰るとぐたーっと寝ているだけです。やる気はあるのに体が重く、咽頭痛、筋肉痛、関節痛、頭痛、睡眠障害などをしばしば伴います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME